万が一の保険

保険を見直そう、もしくは加入しようと考えたときに、どのような動きをすればよいでしょうか。
知識を持った人に相談するのはもちろんのこと、一番大切なことは中立な立場で、アドバイスを人を通じて、見直し、もしくは加入を進めていくということです。
一般的には、保険見直し・加入に関する手続きは保険代理店の担当者を通じて加入することが多いです。
その保険代理店が一社もしくは限られた数の保険会社のみの代理店ですと、中立な立場という観点からすると弱いです。
代理店はその会社の商品を紹介・契約して、会社から紹介料という形で報酬を受け取ります。
当然代理契約している会社の商品しか紹介しないので、数少ない会社では本当にその人にあった商品を紹介してくれているかどうかわからないのです。

では、どのような代理店を選ぶべきか。
答えは簡単です。
上記のような代理店ではない代理店を選べばよいのです。
つまり、複数の保険会社を扱っていて、かつ中立な立場で契約者本人に見合う商品を仲介してくれる代理店を選ぶのです。
実際に今のトレンドはそのような傾向になっています。
そのような代理店は、複数の会社の代理店となり、数ある商品のなかから、その人に最適な商品を選ぶということを宣伝文句にしています。
多種多様な商品の中から自分に見合う条件の商品を探し出すことは容易ではありません。
代理店の多くはファイナンシャル・プランナー、通称FPの資格をもつ人がその人のライフスタイルに見合った商品を見つけることで、顧客満足度を高めています。